静岡市で確定申告相談に強い専門家 セブンセンスには多くの実績と経験あり

静岡市で確定申告相談に強い専門家をお探しでしたら、ぜひセブンセンス税理士法人におまかせください。

弊社は、長年静岡県で税理士事務所を運営してきており、数多くの事業者様とお付き合いしてきました。それに伴い数多くの確定申告、そして確定申告相談にも対応してきた実績があります。

最近では会計ソフトによる確定申告が増えてきました。多少の簿記知識をもつことで、事業者様でも確定申告書を作成することも可能でしょう。しかし便利とされる会計ソフトを導入されているのにもかかわらず、申告ミスを発生させてしまうことがあります。

とくに経費記帳や収入の記帳は、事業のお金の流れが複雑であればあるほど難しくなるものです。

  • この経費は何費になるの?
  • 半分現金払いで半分売掛払いの時はどうやって記帳すればいいの?

事業経理記帳には正しい知識が必要となってきます。そこで「税のプロ」である税理士がサポートすることによって、正しい確定申告ができるようになるでしょう。

本記事では、確定申告相談を税理士に依頼した方がよい理由や、依頼することで得られるメリット、生ずるデメリットについて詳しくお話ししていきます。

さらに記事の後半では、セブンセンス税理士法人の確定申告サポートサービス「確定申告代行センター」の「強み」についてもお話ししていきたいと思います。

確定申告相談を税理士に依頼する3つのメリット

確定申告相談とは「確定申告について疑問点や不安に感じている点を専門家に相談して解決すること」です。

税理士以外にも税務署や市町村の役場、青色申告会などの団体でも相談することは可能でしょう。

相談内容によっては、税務署や役場では対応できない場合もあります。例としては、記帳が難しい複雑な経費や収入が発生するケースなどです。

たとえば帳簿や領収書を持参して確定申告相談に行ったとしましょう。そもそもですが、お金の流れを口頭で正確に説明すること自体が難しいかと思います。そして確定申告相談のスタッフからしても事業状況が分からない中で適切な答えを出すのは難しいことでしょう。

またスタッフからの説明を受けたとしても、専門的な言葉を利用した説明になりがちで、部分的に理解ができないといったことにもつながってしまう可能性があります。

そのような時にはぜひセブンセンスにご相談ください。弊社は税の専門家でもある一方、多くの事業者さまの経理業務をチェックしてきた経営経理のプロでもあります。経営サポ―トを行なっている税理士に確定申告相談にのってもらうことで、次の3つのメリットが得られます。

それぞれを詳しくお話しします。

領収書の整理や申告書の作成を任せられる=本業に専念できる

確定申告で大変な作業と言えば、やはり「領収書の整理」ではないでしょうか。

毎月しっかりと帳簿に記録していれば手間にもなりません。ですが帳簿に記録する時間すら取れないほど忙しかったり、ついうっかり忘れてしまうといった状況も考えらえます。そのため、確定申告の直前や申告期間中にまとめて記帳するという経営者様も少なくないのです。

会計ソフトがあるからと安心している経営者様もいらっしゃいますが、1年間の経費や収入を証明する書類の整理は、ソフトを利用したとしてもかなりの手間と時間がかかるものです。

そのような場合に税理士が役に立ちます。いまいち経費の扱いがわからないという領収書や、記帳の仕方がわからない収入などをピックアップして定期的に相談することで、常に帳簿が正しい数字で整理されている状態となるのです。

節税のアドバイスが受けられる

税務署や役場のような行政機関では確定申告相談を行なっています。しかし行政の確定申告相談の目的はあくまでも「正しい申告によって税収が減らないようにするため」のアドバイスとなります。つまり経営者側の利益を考えるアドバイスとはなりづらいのです。

税理士であれば、確定申告相談はもちろん、節税アドバイスも行います。経営者側の利益を考えるアドバイスとなります。節約できる部分をしっかりと管理することで、事業資金として使うこともできるようになります。これによりさらに事業状況をよくすることができます。

事業状況がよくなれば、税理士にとっても顧客の売り上げが上がるわけであり、結果として長くお付き合いをすることができるといったメリットがあります。だからこそ必死にサポートさせていただくのです。

税理士のお墨付きがついている状態で正しい申請ができる

税理士事務所が確定申告を代行して行う場合、申告書の税理士名の記載部分に税理士の名前が入ることになります。つまり「税理士が確定申告に関わっている=正しい申告をしている」といった証明になるのです。

税理士名が入っているのとそうではないのとでは、税務署のスタッフの印象は変わります。

確定申告相談を税理士に依頼するデメリット

確定申告相談を税理士に依頼することで発生する「デメリット」も把握しておきましょう。

主なデメリットは次の2つです。

  • 費用が発生する
  • 打ち合わせが必要な場合もある

あまりデメリットというのはお話ししづらいものですが、良い面も悪い面も知っておいてもらった上で判断してもらいたいため紹介したいと思います。

費用が発生する

税理士に確定申告を相談する場合には、基本的に相談料が発生します。無料ではないという点に関してはデメリットとなりえるかもしれません。

ただしそもそもですが、相談料は経費計上が可能となります。またセブンセンス税理士法人では初回相談が無料です。相談後に顧問契約を結んだ場合、月8,400円~で確定申告サポートを行ないます。つまり毎月の顧問契約です。

お客様の事業規模やサポート内容に合わせて料金が変動しますが、初回相談時にどれぐらいの料金になるかお伝えいたします。

そして毎月の顧問契約を行っている状態であれば、相談のたびに料金をいただくことはありません。確定申告に関する相談は無制限にしていただくことが可能ですし、日々の税務に関する質問も料金の範囲内とお考え下さい。

打ち合わせが必要な場合もある

記帳が難しい経費や収入の相談の場合、電話など簡単な相談では対応できないことが多いです。税理士事務所、もしくは税理士事務所スタッフが経営者様の事業所まで行って打ち合わせすることにあります。

確定申告相談の打ち合わせは基本的に「ヒアリングと書類の確認」になります。10分20分では終わりません。経営者様や担当者さまに同席してもらって、お金の流れを確認する必要があるのです。

事業主様自身が事業の現場で業務を行なっている場合、打ち合わせの時間を確保するのが難しいケースもあるでしょう。経営者さまの時間は貴重なものです。税理士に確定申告相談を行なう場合には、時間を削るというデメリットがあります。

ただしなのですが、その時間さえ確保していただければ、ご自身で行う記帳作業量が一気に減ることになります。トータル的に考えると、税務に関する時間を大きく削除することが可能となるためメリットになるのです。

セブンセンス税理士法人の「確定申告代行センター」の強み

セブンセンス税理士法人では確定申告を専門にサポートする「確定申告代行センター」が設置されています。(以下代行センター)事業者さまの確定申告相談はもちろんのこと、確定申告そのものを代行するサービスを行なっているのです。

「代行センター」サービスの強みは次の3つです。

  • 経理記帳代行ができます
  • 早いタイミングでの経営成績報告を行います
  • 経費削減のアドバイスを毎月行います

それぞれを詳しくお話しします。

経理記帳代行ができます

相談後に弊社の代行センターサービスを契約いただいた場合、担当者が毎月事業所を訪問し、確定申告に必要な書類をお預かりして記帳代行を行ないます。事業主様の手を煩わせることなく、正しい確定申告が可能になります。

毎月の訪問による充実したサポート

 

早いタイミングでの経営成績報告を行います

セブンセンス税理士法人では、1クライアント様当たり3人体制でサポートを行なっています。

常に対応できる体制を整えているため、スピーディーに支出と収入の分析を行ない、経営成績表としていち早く事業主様への報告が可能です。

成績表の状況によっては経営サポートサービスも行なっております。的確な情報提供はもちろんのこと、具体的な経営改善策の提案を行ないます。

3人の担当+αで強力サポート

 

経費削減のアドバイスを行います

訪問時には、経費削減のアドバイスも行なっております。弊社では多くの事業者とのやり取りを経験値として蓄えています。その経験値を生かして経費削減のアドバイスも可能です。

静岡市で確定申告相談ができる税理士をお探しならセブンセンス税理士法人におまかせください!

セブンセンス税理士法人は、静岡市に事業所を構えている事業者さまの確定申告相談、確定申告のための経理記帳代行サービスを行なっております。

確定申告の困ったや、節税したいけど何から手を付ければいいのかよくわからない、という方はぜひご相談ください。