PDCAサイクル

経営目標の達成はPDCAサイクルがうまくまわるかどうかにかかっていると言えます。

計画と実績には必ず差が生じてきます。この差を把握するとともに、差異分析を行い、更なる行動計画に落として混んでいく作業が必要となります。

計画を立て、行動をしていても、差異の把握と分析とともに行動計画の修正が十分にできていない場合が多いです。つまり、ここが経営目標の達成の肝となる部分となります。

自社で十分に対応できれば良いのですが、経営者や少人数の経営幹部だけでは対応が追いつかなくなることがあります。また、社内事情を知っていると目標達成のために優先すべき業務とルーティン業務の優先順位が逆転してしまうこともあり得ます。

社内にいない外部の第三者が進捗確認に加わる意味はここにあります。社内事情に左右されずに客観的に結果を抑え、修正や改善が必要な部分を必要だと進言することができるのです。

経営計画をまだ作成できていないのであれば、期の途中であっても構いませんのですぐにご連絡下さい。