将来のビジョン

経営計画の立案は5か年計画から行います。5年後にどうなっていたいかを計画作成のスタートとするわけです。

1年後では現状から考えて無理だとあきらめてしまう将来ビジョンであったとしても、5年後であれば現状にとらわれずに考えることができます。5か年計画を立案する意味は現状の枠を取り除いた将来ビジョンを検討することにあるのです。

そして、現状の枠にとらわれない5年後を想定した上で、その5年後に向けた1年目を具体的に検討していくことで、1年目の単年度計画においても現状の枠を超えた計画を検討する余地が生まれてくるのです。

ここで意識して欲しいことは、会社の将来ビジョンを通して、従業員は自分達の将来ビジョンを思い描くということです。5年後の将来に夢を馳せることができる会社の将来像を経営者が考えていれば、従業員の定着率やモチベーションが変わってくることは想像できると思います。

全く現実味のない将来計画は意味がありませんが、従業員が将来に希望を持てるようにすることは、経営者の使命の一つであると言えます。従業員なくして企業の成長はありえないわけなので、従業員とともに成長できる企業を検討していただき、そのための経営計画を従業員とともに実行していっていただきたいと思います。