税務調査とは

税務調査は誰でも可能性がある

所得税や法人税などの国税のほとんどは、納税者自身が納める仕組みになっています。そのため、納める税金の金額は自分で計算することになります。

まず、所得額を計算し、その所得額に基づいた税額を算出します。算出された税額を税務署に申告し、支払います。これを申告納税制度と言います。

自分で申告するため、所得額の計算や申告書記入の際にミスをしてしまう可能性があります。中には、脱税を狙った虚偽の申告を行う悪質な納税者もいます。

このミスが判明すると追徴課税を支払う必要があります。そのため、多くの事業者が税務調査に対し不安を感じているのです。

顧問税理士が税務調査に立ち会う

税務調査の連絡を受けると、実際には拒否することができません。そのため、誰でも益々不安が大きくなることと思います。

そんな時、顧問税理士がいれば、税務調査に立ち会ってもらうことが出来ます。税理士は税務のプロのため、あなたの味方となってくれます。