Tax House Community  掲載記事


掲載内容

生産性向上を狙った「製販分離」により、"情報共有化"と"ペーパーレス化"を実現することが出来た。



  • 会計事務所の生産性を上げるにはどうすればいいか?
    会計事務所の生産性の低さに不安を抱えていたが、製販分離という考え方にたどり着いた。

  • アウトソーシングにより「製版分離」を図る
    中国にアウトソーシングすることで徐々に成果が出始めてきた。

  • 中国人スタッフの"優秀さ、勤勉さ"に刺激
    中国人スタッフは、優秀で勤勉であり、非常にレベルの高い業務をこなしてくれている。

  • 製販分離の過程で「ペーパーレス化」を実施
    製販分離の実現から、顧問先でのコンサルティング業務に力を入れられるようになった。


このページの先頭へ


お電話でお問い合わせいただいた方へ