経営戦略

経営戦略は、どの市場で誰を相手にどういった商品やサービスを展開するのか決めることとなります。これを決めることができるのは経営者のみとなります。従業員は戦い方を考えることはできても戦う場所を自分で選ぶことはできないわけです。

経営者の経営戦略が正しければ、戦い方が少しくらい下手くそであったとしても利益を得ることができます。逆に経営者の経営戦略が間違っていれば、どんなに戦い方がうまくても利益を得ることが難しくなります。

正しい経営戦略とは、企業が獲得したい利益を獲得できるだけの顧客がいる市場に対して、顧客が欲しいと望む商品やサービスを、顧客が満足できる品質・価値で提供できるようにすることと言えます。

ただ、企業は永続性が求められますので、単発的な市場ではなく継続的に利益が獲得できる市場が求められますし、他社がすぐに真似できないような商品やサービス形態を検討する必要があります。

内部環境である自社の強み・弱みを確認しながら、外部環境である機会や脅威を認識し、機会に対して強みを活かした戦略が立てられないか、または弱みをどう改善して機会に対応するのかといったことを検討していきます。

« 将来のビジョン | ホーム | 経営計画書が必要な制度 »

お問い合わせは24時間受け付けております。お気軽にご相談下さい。

アイクスでは、初回の無料相談を実施しております。
無料相談は平日夜間、土・日・祝日とお客様のご都合に合わせて実施させていただきます。
企業税務・相続・会社設立・助成金等にお悩みの方はご連絡下さい。









※メールアドレスかお電話番号を記入して下さい。
お客様のご都合の良いご連絡先にご希望のお時間に連絡させていただきます。

このページの先頭へ


お電話でお問い合わせいただいた方へ