被災者を雇入れたときに発生する助成金

被災者雇用開発助成金

今回起こった東日本大震災によって、多くの方が離職せざる得ない状況となりました。そのため、震災による被災離職者及び被災地域に居住する求職者の方を、ハローワーク等の紹介によって、雇入れる事業主に対して助成金が支給されることとなりました。


助成金が支給される条件は、継続して1年以上の雇用することが見込まれる労働者の雇い主であることです。


この場合は、1年未満の有期契約を更新する場合も含まれることになります。今回の助成金に関する措置は、平成23年5月2日以降の雇い入れで、雇用保険の一般被保険者として雇い入れる事が必要となります。

対象となる労働者とは

震災によって離職された方

  1. 東日本大震災発生時に被災地域(震災で災害救助法が適用された市町村の地域。東京都以外。)において操業していた方
  2. 震災後に離職し、その後安定した職業に就いた事がない方
  3. 震災により離職を余儀なくされた方

被災地域に居住する方

  1. 震災後に安定した仕事に就いた事がない方
  2. 震災により被災地域外に住所又は居所を変更している方も含む。
  3. 震災の発生後被災地域に居住する事となった人は除外。

支給額は?

対象労働者に支払われた賃金の一部として、次の金額が支給対象期間(6ヶ月)ごとに1年分が支給されます。

  • 短時間労働者(1週間の所定労働時間が同じ事業所に雇用される労働者の1週間の労働時間と比べて短く、かつ30時間未満である方)
    大企業30万円、中小企業60万円
  • 短時間労働者以外
    大企業50万円、中小企業90万円

支給申請に関する手続きは?

助成金を受け取るためには、半年毎に2回に分けて、上記の額をハローワークに申請することになります。


支給申請期間は、雇い入れから6ヶ月間の第一期目、そしてその後の6 ヶ月間の第二期目の各々の末日の翌日から1 ヶ月以内となります。


利用するためには、対象労働者の証明書類の添付等も必要となってくるのでご確認ください。

« 助成金が新年度より改定 | ホーム | 日航株に見る「みなし譲渡損」とは? »

このページの先頭へ


お電話でお問い合わせいただいた方へ