力士の確定申告はどのような扱いなのか

力士はスポーツ選手?サラリーマン?

今回は「力士」の確定申告についてのお話をしたいと思います。


多くの力士たちは、収入をどのように申告しているのか気になりませんか?例えば、プロ野球選手であれば毎年年俸を更改していますよね。しかし力士の場合、年6回開催される本場所の成績によって決まる「番付」により、収入は上下するようなのです。つまり1年で6回も給与の改定が行われているようなのです。


力士の給与制度は魅力的

例えば幕下以下の力士の場合、場所手当てが15万円となります。月給に置き換えると約75,000円になります。一見少ないように思えますが、所属している相撲部屋で食事や寝る場所は提供されているので、そう考えると十分やっていける金額だと思います。しかし、関取になると十両だったとしても月給で100万円。さらに横綱ともなると月給300万円と、一気に給与がアップします。中堅企業の社長並みですね。


歩合がさらにどんどん加算

上記した場所手当てというのは、固定給みたいなものです。さらに、場所手当に「歩合」が加算されていきます。


業績連動で加算されるのは入門時からの成績で、力士褒賞金と呼ばれる「持ち給金」です。これは、勝ち越したり金星を上げると加算されるシステムです。朝青龍関が現役時代、場所毎に400万円位あったと言われています。さらに幕内優勝すると場所毎に1000万円のボーナスが付いてきます。


良い成績を残せばそれだけ評価される人事評価システムが角界には昔からあったようなのです。


更に、相撲中継で目にする「懸賞金」ですが、これは1本6万円で人気力士は1場所で400本程度手にする事もあるようなのです。


また、これらにテレビCMの出演料や後援会からご祝儀も加算されると億単位にまでになるようです。


申告はどうしているの

そんな力士たちですが、前述の固定給の部分は、相撲協会に勤めているサラリーマンのように、給与所得として源泉徴収をされています。更に社会保険にも加入しています。


もし優勝すると、優勝賞金は一時所得として源泉徴収されているようです。人気度に連動する、懸賞金やテレビCMや番組出演料の収入は「事業所得」として扱われます。また、後援会からのご祝儀や副賞の乗用車も一時所得等に分類して個人事業主として確定申告をすることになります。


この辺は、国税庁もはっきりと指針を示していますが、収入源が複数からある力士(特に人気力士)の場合、毎年の確定申告はかなり大変な作業となるようです。

« 故意無申告への刑罰創設 | ホーム | 視察旅行には気を付けよう »

このページの先頭へ


お電話でお問い合わせいただいた方へ