ポイントと対策、指摘してくるポイント

売上計上

税務調査でまずポイントとなるのが売上です。


売上計上をチェックすることで、売上の除外や締め後の計上漏れなどの計上でのミス、場合によっては意図的な脱税といった不正を見つけることが出来るためです。


そのため、売上の除外や計上漏れなどのミスはないか、繰延べはないかをチェックしましょう。また、次のような会社はチェック対象になりやすいと思われます。


ここに掲載されている内容が当てはまる会社は税務調査のチェック対象になりやすいと考えられます。


金銭の貸借

会社が経営者に対し金銭の貸付を行っている、もしくはその逆である場合には、特に注目されやすいです。


そのため、金銭の流れや使途を明確にしておく必要があります。


給与

会社経営を家族で行っている場合には、役員報酬に注目をされる可能性があります。


役員の職務の内容や会社の経営状態、他の社員の給与支給状況、事業規模が類似する同業他社の役員報酬の支給状況などをチェックし、適正な金額を給与として出しているのかがポイントとなります。


更に、株主総会等の決議(または定款の規定)により定めている報酬限度額以内となっていることが必要です。


また、架空人件費の可能性もチェックします。そのため、従業員名簿・出勤簿・タイムカード等の勤務実績を保管しておく必要があります。


在庫や棚卸資産

販売されることにより現金化される棚卸資産は税務調査の大切なポイントになります。棚卸資産によって大きく税額が変動する可能性があるためです。


棚卸資産は大きく税額が変動するため、重要な確認項目になります。


実地棚卸の確認ポイント


接待交際費

接待費や交際費のチェックポイント


接待交際費の範囲はとても広いため、適切に処理できていない可能性があります。


接待交際費であるべきものが他の科目に分類されていたり、その逆であったりする場合が多く見受けられます。


修繕費

調査のポイントとしては次のようなものがあります。


修繕費のチェックポイント


使途不明金

使途不明金は、必ず指摘されます。


使途不明金は損金にすることが出来ません。必ず、どんな目的に使用したのかを説明できる状態にしておく必要があります。


税務調査で対策すべきポイントはこれだけではありません。その他にも数多くの項目があります。


お問い合わせは24時間受け付けております。お気軽にご相談下さい。

アイクスでは、初回の無料相談を実施しております。
無料相談は平日夜間、土・日・祝日とお客様のご都合に合わせて実施させていただきます。
企業税務・相続・会社設立・助成金等にお悩みの方はご連絡下さい。









※メールアドレスかお電話番号を記入して下さい。
お客様のご都合の良いご連絡先にご希望のお時間に連絡させていただきます。

このページの先頭へ


お電話でお問い合わせいただいた方へ